視能訓練士

目に障害のある人の検査と機能回復の訓練

視能訓練士は医療分野のリハビリに関する専門職としては知られていますが、 いまのところ福祉の分野ではあまり知られていない職種といえます。

視能訓練士の仕事は、「見る」という機能に障害も持っている人に その障害の度合いを検査したり機能回復の訓練を行います。

視能訓練士の仕事はすべて眼科医の指示のもとで行われます。

元は、斜視や弱視などの障害を持つ人の機能回復のための 訓練士として必要な国家資格でしたが、1993年の法改正により、 眼科一般分野においての検査なども担当できるようになりました。

現在は視能訓練士の有資格者は少なく、特に男性の割合は10%以下となっており、 今のところ女性が多い分野になっています。

視能訓練士の仕事の内容は、検査業務とリハビリ業務の2つに分かれます。

検査業務として、視力検査、視野検査、眼底カメラ撮影、超音波検査など、 目に関するさまざまな検査を行なっています。

また、眼鏡やコンタクトレンズをつくる際に必要とされる検査、 視力検査や眼圧検査の処方箋を書くのも視能訓練士の検査業務のひとつです。

リハビリ業務としては、矯正訓練が主な職務になります。 この訓練は、視覚が発達する小学校低学年までに正しく矯正し、 視力や視機能の回復を目指すもので、何年もかかるものです。

また最近では老化による疾患や糖尿病などが原因での視力低下、 そういった人に対するリハビリ指導も増えてきています。 したがって、訓練対象が乳幼児からお年寄りまでと幅広くなっています。

このため、視能訓練士の仕事は幅広い年齢層の人とのコミュニケーションを どうとっていくのかも大切な要素になっています。

現在、視能訓練士の職場としては、総合病院や国立病院、 大学病院など規模の大きな病院の眼科がほとんどですが、 これからの高齢化に伴い白内障や糖尿病性の網膜症などが多くなり、 福祉の分野でも視能訓練士が行なうリハビリに期待が高まってきています。

視能訓練士の視覚を取得するには、国家試験に合格しなければいけません。

国家試験の受験資格は次の3つの方法があります。

高校卒業後、指定の視能訓練士養成施設で3年以上専門知識や技術を学ぶ

大学、短大、看護士養成所等で2年以上修業し、指定科目を履修したのち、
  厚生労働大臣が指定する養成施設で1年以上専門知識や技術を学ぶ。

海外で視能訓練士に関する学校を卒業したか、免許を取得し、
  厚生労働大臣から日本で学んだと同じ技術があると認定を受ける。