福祉住環境コーディネーター

障害者、高齢者の生活の最適な住環境を作る

高齢化社会では住む人の体力の衰えや障害に合わせた住環境作りが必要とされます。 そこで『福祉住環境コーディネーター』が注目されているのです。

人は高齢になると、ちょっとした段差につまずいてしまったり、 浴室など家庭内での転倒事故で大怪我をするということが問題になっている。

高齢者が転倒すると骨折して、そのまま歩けなくなることがあるのです。
家の構造上の問題で、お年寄りや障害のある人が家の中の移動に不自由であったり、 せっかく用意した福祉機器や介護道具が十分活用されていなかったりします。

そういった不都合を解消するために、医療や福祉、建築などの専門家と連携して、 各人のニーズにあった住宅整備の提案をすることが福祉住環境コーディネーターの仕事です。

具体的に福祉住環境コーディネーターの仕事は次のような流れです。

まず利用者から住宅改造についての相談を受けた場合は、 その家庭に足を運びます。そして、障害者の障害の程度を理解し、 ベッドの位置から、廊下と部屋の段差、またトイレや浴室の状態など、 さまざまな面から日常生活に不便なところを把握していきます。

そして本人や家族との話し合いを行い、 最適な住環境づくりのための改造プランを考えて提案します。

また工務店やリフォーム会社、福祉用具の販売店などと連絡を取り合い、 改造のための費用を明確にする必要もあります。

住宅整備のための福祉の施策や補助金などの情報提供も行ないます。 このように、福祉住環境コーディネーターの仕事は多岐にわたるため、 福祉・保健・医療・建築における幅広い知識が求められます。

福祉住環境コーディネーターの資格は1級、2級、3級があり、 東京商工会議所によって検定制度が設けられています。

詳しくは東京商工会議所 検定試験情報をごらんください

受験資格は、学歴・年齢・性別・国籍に制限はなく、 誰でも3級に合格していなくても2級の試験を受けることができます。

ただし1級は2級合格者が受験対象となっています。