保育士

保育士の仕事とは

現在は保育士といわれていますが、 昔は女性ならではの職業として保母さんと呼ばれて親しまれていました。

保育所などで就学前の子どもたちのお世話をする福祉の従事者です。 勤務先は保育所や乳児院、その他の児童福祉施設になります。

施設に通う(あるいは入所している)子どもたちを相手にして、 食べる・眠る・排泄するといった基本的な生活習慣を習得させ、 健康管理やしつけも行ないます。

障害を持つ子どもたちを預かる福祉施設では、 子どもたちの日常生活のお世話もします。

子どもたちと直接関わる福祉の仕事はいろいろありますが、 まずは保育士の資格を取得するのが就職への第一歩です。

近年、出産後も働く女性の増加に伴って 両親が共働きという家族形態が増えてきました。

勤務体系の多様化に伴い、夜型延長保育や夜間保育というような 従来には無かった需要が多くなっています。

子どもの生活を24時間の中で見通した対応が求められるなど、 以前とはまったく異なる仕事の課題を抱えるようになっています。 それだけでなく、0歳児保育、障害児保育、アレルギー児への対応などの 配慮も欠かせなくなっています。

保育士を目指す人は、第一に子どもが好きであることが条件です。 それと子どもへの正しい理解と深い愛情が大切になってきます。

そしてひとりひとりの子どもの実態や行動をよく観察して、 常に細やかな面にまで配慮が行き届いていかないといけません。

また、保育所以外の養護施設や障害児施設などの 児童福祉施設で働く場合は、そこにいる子ども達に対する 人間的な理解と、社会的に自立できるような日常生活の指導や 援助にきちんと目を向ける必要があります。

仕事を持つ女性が働きながら安心して子どもを産み育てることが できる新たな保育サービスは、これからの時代に必要不可欠です。

その担い手となる保育士は、子育て支援社会を作るうえで 重要な鍵を握っているといえるでしょう。

保育士の資格を取得するには、 厚生労働大臣指定の保育士養成施設を卒業して取得する方法と、 都道府県が実施する保育士国家試験に合格する方法があります。

いずれも、保育士の名称で保育業務を行なうには、 保育士国家試験に合格後に、 都道府県の備える登録簿に登録する必要があります。