義肢装具士

医師の指示に基づいて義肢や装具を製作

不幸にも事故や病気で体の一部を欠損してしまった人や、 病気が原因で体の一部がうまく機能しなくなってしまった人などが、 私たちと同じ社会環境で暮らしています。

義肢とは、そのような状態にある人の体の欠損部分の代わりをしたり、 また機能を補ったりする義手や義足などのことをいい、 装具とは体の機能に障害を持つ人の機能回復を図り、 そして機能低下を防ぐために装着する器具のことをいいます。

近年の義肢や装具は、最新の医療理論とハイテク技術により、 その性能の向上や適合精度の高さには目を見張る進化があります。

義肢装具士の仕事は、医師の指示に基づいて義肢や装具を製作し、 それを必要とする患者に対して適合を行なうことです。 患者ひとりひとりに合うように製作するために、 ほとんど手作業で行なうことになります。

完成した義肢や装具を身につけた人が、 いかに苦痛や違和感なくスムーズに動けるような義肢・装具が作れるか、 それが製作の重要なポイントです。

義肢装具士は医師の指示のもと、 障害を持つ人に適合する義肢・装具を作ります。 こうした開発を通じて義肢・装具を利用した医療の普及や 向上にも貢献しているのです。

したがって、義肢装具士には製作のノウハウだけでなく、設計や製図、 デザイン、工作機械の操作技術、整形外科、システム工学、生体力学、 人間工学、リハビリテーションなど、さまざまな分野での知識が求められます。

他のリハビリテーション系の職種である理学療法士や作業療法士などは、 医療機関や福祉の職場で働いていることが多いのですが、 義肢装具士はそれとは違ったかたちで仕事をします。

義肢装具士の資格を持つ人は、ほとんどが民間の義肢製作所に勤めていて、 その製作所が契約を結んでいる医療機関やリハビリテーション施設、 その他の福祉の施設などの治療現場に出張して業務を行なっているのです。

医療機関などからの注文が殺到している製作所では、 残業が多くなりがちなところもあるようです。

義肢装具士になるには、国家試験に合格しなくてはいけません。 高校卒業後、義肢装具士養成校または養成施設において 3年以上必要な専門知識や技術を修得すると、 国家試験の受験資格を得ることができます。